近年の発展

新しいパソコンを購入するときや引越しなどで不要になったパソコン廃棄は、他の電気製品より気を使います。
データーなど個人情報が含まれているので、中のソフトを消去してもマザーボード本体に記憶している部分があるからです。
また、平成15年10月1日から資源有効利用促進法によりメーカーによる自主回収、リサイクルが義務付けられ、自治体での処分、回収が行なえないため不燃物、粗大ゴミとして出すことは出来なくなっています。
プリンターやキーボード、マウスなど周辺機器は対象にはならないですが、デスクトップパソコン、ノートパソコン、液晶ディスプレイ、などのパソコンは対象となります。

【データーの移行】
大事なデーターは外付のハードディスクやUSBに移行しておきます。
新しいパソコンに買い換えるときは古いパソコンのデーターを新しいパソコンに移しておきます。
【データー消去】
ゴミ箱に捨てたデーターを復元できるソフトもあるのでハードディスクをフォーマットし、市販の消去ソフトを使用しデーターを完全に消去します。
また、パソコンを分解し、ハードディスクを取り出しドリルなどで復元できないように直接穴をあけるか、自分で保管しておきます。

メーカーでは、有料回収になりますが、業者によっては無料で引き取ってくれる場合があります。
それは、CPUやメモリ、グラフィックボードなど再生可能な部品のみ取り出して再利用し、使えない部分は鉄やアルミとして再利用できるからです。
少量のレアメタルも含まれているので取り出し、再利用します。
下取りや買取も同様に、使用できなくなっているパソコンでも機能性が高いと中の部品に価値があるからです。